発毛方法と対策@情報館 | 発毛マッサージなど

【正しい発毛法】 育毛のためのマッサージ

少し前までの薬用育毛剤のCMでは、頭皮にトニックを振り掛けた後、専用のブラシで「頭をトントン叩く」という行為を推奨していましたが、現代の常識からすれば、それは絶対にやめるべき行為とされています。

発毛を促す前に、脱毛のメカニズムを知れば、発毛には頭皮の内部からの治療や刺激が必要であることは明らかですが、頭皮に薬品を塗布したり、マッサージするなどの「頭皮への適度な刺激」ことには、微妙で繊細いなコントロールが求められます。

例えば、シャンプーする前にブラッシングを行なうことや、洗髪後のドライヤーで髪を乾かす際に行うブラッシングなどは、頭皮の血行を促進する上で、大変に有効な刺激といえます。

けれども、鋭利な先端で頭皮を刺激すると、「適度な刺激」を通り越して、頭皮にダメージを与え、炎症などを引き起こす懸念すらあり、「頭皮によくない行為」なのです。

頭皮に適度な刺激を与えるには、まず、何よりも、人間の指先で行なう必要があり、育毛剤などを頭皮にかけて、軽くマッサージをする時には、指先のひらを使って、やさしく揉み解すべきです。

その正しいやり方は、両手で耳の上から、頭頂部にかけて、優しくモミながら頭皮を浮かす感じや、柔らかくするつもりで丁寧に行ないますが、育毛剤が頭皮に浸透していく様子をイメージしながら、頭皮をマッサージするのが良いでしょう。

このマッサージを今度は、おでこの生え際から頭頂部に向けて行なったり、同じく、後頭部から頭頂部に向けて行ないます。

マッサージの目的は、頭皮の血行促進ですので、出来れば、毎日10分間程度、最低でも5,6分間は継続すべきです。

このマッサージを励行しておりますと、2週間目くらいから、自分の頭皮が柔らかくなってくる実感を持てるようになります。


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2009-2014 発毛方法と対策@情報館 | 発毛マッサージなど All Rights Reserved.