発毛方法と対策@情報館 | 発毛マッサージなど

【正しい発毛法】 養毛・育毛剤の真実

薬事法では、人間の身体に使用するものを効果の高さのグレードに従い、「医薬品」、「医薬部外品」、「化粧品」の3つに分けています。

・「医薬品」:治療が主たるもので、用法を間違えると何らかの副作用があって危険というもの
・「医薬部外品」:作用が比較的緩和で殆ど副作用がないもの
・「化粧品」:直接身体に与える効能、効果はもたないもの

発毛・育毛剤の商品は、その殆どがこの「医薬部外品」に分類されるもので、「医薬品」となるとごくわずかなのが、現状です。

ちなみに、薬局などの店の棚に並んでいる発毛・育毛剤のラベルには、「薬用〜」という商品名を良く見かけますが、これは「医薬品」という意味ではなく、「化粧品」と区別する為に慣例にしたがって使用されてきた名称に過ぎません。

その殆どが「医薬部外品」であるのに、「医薬品」と錯覚させるトリックと思ってほぼ、間違いないわけです。

この「医薬品」であれば、薬局や薬店で売っている大衆薬と同じですから、厚生労働省の認可のもとに製造、販売しなければならない薬となります。

一方、「医薬部外品」になれば、いささか規制が緩やかになり、薬事法では、

・使用目的が原則的に定められたもの
・人体に対する作用が緩和なものであること
・器具、機械でないこと

以上の条件を満たすことを前提にしていますので、育毛剤のほかにも、口中清涼剤や腋臭防止剤、コールド液、生理用品などの商品に適用されています。

育毛剤に関する「効能範囲」の取り決めを見てみます。

<医薬品>
医薬部外品の効能に加えて、脂漏性脱毛症、円形脱毛症、びまん性脱毛症

<医薬部外品>
養毛、育毛、発毛促進、脱毛の予防、フケ、カユミ

販売薬の世界でも「保険診療」と「自由診療」に相当する区別がなされていることが分かります。

つまり、同じハゲの悩みなのに、扱いや治療法も制度的な制約で分けてしまっているのが現実です。


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2009-2014 発毛方法と対策@情報館 | 発毛マッサージなど All Rights Reserved.