発毛方法と対策@情報館 | 発毛マッサージなど

【正しい発毛法】 育毛のための対策

発毛を促進するには、まず、全身の血流をスムーズにする必要があり、それには、一日1リットルから2リットルのミネラルウオーターを飲む習慣を身につけましょう。

油を多く使った食品や、脂肪を多く含んだ食べ物を食べるのは、控えるようにしましょう。

例えば、動物性のたんぱく質を100g食べたとしたら、その倍の野菜を200g以上、食べるようにします。

あるいは、塩分やカロリーさえ気をつければ、野菜ジュースもOKです。

脂質は摂取し過ぎると、血中にコレステロールや中性脂肪が増え、血液がドロドロになり、髪や毛根にも栄養が行き届きにくくなります。

そもそも、ハゲや薄毛の人には、肥満体やメタボ体型のタイプが多いようですが、過激なダイエットなどで、体調を崩している人の頭髪も薄毛となります。

栄養のバランスを崩すと、当然、髪の毛にも悪影響を及ぼします。

体型や血流を健康に近づけることは、髪の毛の健康な状態を取り戻すことを意味しているのです。

また、タバコは血行を確実に悪くしますので、髪の毛に対しては、さまざまな悪影響を及ぼします。

その理由は、タバコを喫煙すると、自律神経が刺激されて毛細血管を収縮させますので、その結果、頭皮の温度が1 度程度、下がってしまうことにあります。

適度なアルコールは、血行を促進する効果がありますので、頭髪のみならず、体全体にとってもいいものです。

しかしながら、やはり、成人病の予防やメタボ対策の観点からも、過度なアルコールは、やはり、控えるべきです。

お酒を飲むと、何よりも眠りが浅くなってしまいますし、体内の水分が急激に奪われ、血液もドロドロになってしまい、結果的に髪の毛にも厳しい状況となってしまうのです。


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2009-2014 発毛方法と対策@情報館 | 発毛マッサージなど All Rights Reserved.