発毛方法と対策@情報館 | 発毛マッサージなど

【正しい発毛法】 抜け毛のメカニズムを知る

そもそも、髪の毛というものは、成人の場合、約10万から15万本が生えており、それらのすべてが、生まれて、伸びて、抜け落ち、再生する、という、ライフサイクルを繰り返しています。

また、髪の毛の寿命は、一般的に男性で2〜5年、女性で4〜7年と言われていますが、心身ともに健康であれば、5〜7年の寿命というのが多いそうです。

さらに髪の毛は、たえず伸び続けているわけではなく、それぞれの段階ごとに、その姿や状態が変化します。

まず、最初の「成長期」ですが、2年〜7年の一定期間成長すると、毛根部の細胞分裂がストップします。

そうすると、髪の毛の成長は停止し、毛は棍棒状(棍毛)となり、同時に毛根は、徐々に皮膚の表面に押し上げられ、約2〜3週間の「中間期」(退行期)に入り、その後、休止期(2〜3ヶ月)を経て、やがて抜け落ちます。

この状態で、髪の毛は一旦、生産活動をやめ、休息を取りますが、その後、4〜6ヶ月経った頃、また新しい成長期の毛になり、再生を開始するわけです。

通常の抜け毛は、休止期に入った髪の毛が、まるで枯れ木のようにあやうい感じで頭皮にとどまっている状態だったのが、やがて「前成長期毛」に押し出され、引力で抜け落ちる現象となっています。

「成長期毛」は非常に強靭で、普は70〜80グラムまでの引力に耐える力を持っていますので、洗髪やブラッシング程度で力では、抜けてしまうことはまずあり得ません。

しかし、休止期に毛頭部が元の2/3以下まで短くなりますと、軽く引っ張っただけで、スッーと抜けてしまうようになります。

こうした「ヘア・サイクル」の中では、健康な人の頭髪でも、1日に100本ぐらいの髪の毛が、その寿命を終えて抜けていっています。

また、一般的には、脱毛と呼ばれていますが、実際には、毛包が消失するのではなく,頭頂,前頭の硬毛が毛周期を繰り返すうちに、次第に成長期が短縮して、休止期が延長する結果、軟毛となる現象が起こっているのです。

このことから、抜け毛があった場合は、その数だけでなく、その根元の状態などについても、厳密にチェックすることが大切なのです。


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2009-2014 発毛方法と対策@情報館 | 発毛マッサージなど All Rights Reserved.