発毛方法と対策@情報館 | 発毛マッサージなど

【正しい発毛法】 頭皮のために生活習慣の改善を

頭髪によくない環境は、生活習慣に大きく依存しています。

遺伝よりも、間接的な体質が大きく影響を与えるということで、薄毛の原因は遺伝ばかりでなく、ホルモンや栄養、ストレスなどの因子が複合的に影響を及ぼし合っているということです。

つまり、たとえ肉親に禿げている人がいたとしても、健康的でストレスのない生活を常に心がけて、頭皮にいたわりを持つことにより、若ハゲは回避できるわけです。

具体的には、頭皮のケアをマメにして、薄毛になる原因を取り除いてあげることが大切です。

特に、シャンプー選びや洗髪、乾燥の方法についても、頭皮に負担を掛けない配慮が必要であり、食事や飲酒、喫煙、睡眠などの生活習慣も重要だということです。

髪の毛はタンパク質でできていますので、タンパク質をきちんと摂ること、バランスのとれた食事を心がけること、タバコや深酒は避けること、きちんと睡眠を取ることなどが、髪の育成に重要なポイントとなります。

最後に、メンタルな面においても、頭皮や頭髪について悩まないことが重要です。

最近、若者や女性にまで“若ハゲ”が増えてきたというのも、ストレスが原因であるという説があります。

過度なストレスによって自律神経が緊張して血管が収縮し、血行や栄養の循環が悪くなって、薄毛に至るというプロセスが考えられます。

頭髪の敵は頭皮の血行不良ですから、くよくよ悩むことで自律神経が緊張し、血行不良に陥ってしまうことが往々にしてあります。

つまり、日頃のストレスも頭皮の敵であり、このストレスによる皮膚の免疫力の低下により、毛根の活性も失われるのです。

つまりは、心身ともに、健康的な生活をすることが、頭皮を健康に保つことに繋がるということになるのです。


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2009-2014 発毛方法と対策@情報館 | 発毛マッサージなど All Rights Reserved.