発毛方法と対策@情報館 | 発毛マッサージなど

【ハゲに関する専門知識】 AGAの進行パターン

男性の男性型脱毛症(AGA)の特徴は、以下の2つです。

まず、思春期以降に始まり、頭頂部から前頭部の硬毛が、軟毛へ変化する割合が増加する状態が、徐々に進行して、40代でほぼ完成されること。

さらに、前頭部と頭頂部の頭髪が軟毛化して細く短くなり、最終的には額の生え際が後退して、頭頂部の頭髪がなくなってしまう現象であること。

また、禿げる場所も、特徴的に決まっており、その状況を見て、総合的に判断した上で、医者はAGAを診断しているのです。

このAGAの症状が現れると、頭皮の毛髪および毛根は次第に小型化されるようになり、成人の頭皮で通常見られる末期の毛髪は、より短く細い無着色の産毛に置き替わります。

それとともに、毛髪の成長期の期間が短くなり、休止期にある毛髪の割合が増加します。

この状況は、いわゆる毛の成長期が短縮され、毛が軟毛(細くて短くなる)化し、つまり、毛の数は減らないけれども、どんどん細くなっていくという症状に見舞われることを意味します。

そのメカニズムについては、まだ仮説ですが、以下のように考えられています。

毛細血管から供給される男性ホルモンの一種「テストステロン」が、「5αリダクターゼ」という変換酵素の働きで、「DHT(5α―デヒドロテストステロン)」というホルモンに変換されると、これが場所によって全くことなった働きをするというものです。

DHTは、不思議なことに、作用する場所によって、正反対の仕事をします。

・頭髪
 @皮脂線を活発にさせる A毛根部を萎縮させる
・頭髪以外
 @多毛化(ヒゲを生やすなど)

正常な頭皮は、毛乳頭の指令で活発に細胞分裂が起きており、生まれた細胞は毛母に送られ、毛になるというメカニズムとなっております。


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2009-2014 発毛方法と対策@情報館 | 発毛マッサージなど All Rights Reserved.