発毛方法と対策@情報館 | 発毛マッサージなど

【ハゲの基礎知識】 抜け毛のメカニズム

男性ホルモンに注目して、AGAの原因を調べてみると、やはり、従来より、髪や頭皮によくないとされる事象が、すべて、ホルモンの正常な分泌の阻害にも関係していることが分かっています。

男性ホルモンがAGAを引き起こすメカニズムは、近年の臨床試験の結果から、明らかになってきております。

そもそも、AGAが起こる仕組みは、まず、「テストステロン」が、体内の細胞内で「5αリダクターゼ酵素」の働きにより、「ジヒドロテストステロン(DHT)」と呼ばれる男性ホルモンへ転換されることから始まります。

このDHTへの転換は前立腺、陰嚢、毛嚢(毛根)などの箇所で、効率よく行われます。

男性ホルモンは、「アンドロゲンレセプター(男性ホルモン受容体)」と結合することにより、その作用が発現されるものですが、このDHTが、毛嚢の細胞内で「アンドロゲンレセプター」と結合すると、毛の発育を司る「毛乳頭」や「毛母細胞」に悪影響を及ぼし、毛髪の成長を阻害してAGAを引き起こしているのです。

AGAは、進行するにつれ、前頭部・頭頂部の毛髪はより短く、細い産毛状の毛髪となり、最終的には後頭部・側頭部以外の頭髪は、全て脱毛する症状に至ることもあります。

これは、毛が男性ホルモンから受ける影響は、部位により異なるためです。

一方、後頭部・側頭部の頭髪、眉毛、ヒゲ、胸毛、が脱毛しないのは、男性ホルモンの影響がマイナスに働かない部位に生えているためと考えられています。

AGAを防ぐ最も合理的な方法は、頭皮の男性ホルモンの動行を制御することです。

AGAにおける男性ホルモンの研究成果に基づいて、全身用の「抗男性ホルモン」、「局所用エストロゲン(女性ホルモン)」、「5αリダクターゼ酵素に対する抑制剤」、などを使用する広範囲の治療方法が開発されています。


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2009-2014 発毛方法と対策@情報館 | 発毛マッサージなど All Rights Reserved.