発毛方法と対策@情報館 | 発毛マッサージなど

【ハゲの基礎知識】 「男性型脱毛症」(AGA)とは?

いわゆる“若ハゲ”は、英語名称では、AGA(エージーエー:Androgenetic Alopecia=男性ホルモン性脱毛症)と呼ばれています。

ちなみに、「米国脱毛会議」によれば、「男性型脱毛症」は。すべての脱毛症状の中で、実に95%を占めているそうです。

さらに、世代別にみると、「男性型脱毛症」の影響を受けている人は、30 歳以下の男性の30%、50歳以上の人の50%以上に及んでおります。

AGAは、男性ホルモンの影響に起因することが多い症状で、その名の示す通り、男性にのみ起こると広く信じられていますが、実は、女性にも発症します。

男性ホルモン(テストステロン)は、髭や体毛などの成長を促進する働きをしますが、頭髪にとっては逆で、毛根の毛母細胞でDHT(ジヒドロテストステロン)に変わって、毛母細胞を萎縮させ、髪の成長を妨げる作用をします。

そもそも、男性ホルモンとは、「アンドロゲン (androgen) 」と、呼ばれるステロイドの一種で、その代表的な成分は「テストステロン」です。

「アンドロゲン」は、主に男性の性腺(睾丸)によって合成され分泌されますが、女性の体内でも少量は生産されます。

分泌された「テストステロン」は。体内を循環して全身に拡がり、その作用には、「男性化」と「成長促進」の両方があります。

この「テストステロン」の働きによって、男性性器の発達や、筋肉と骨の成長、皮脂分泌の増加、精子産出、性欲の増進、ヒゲ・胸毛などの体毛の成長などの第二次性徴が促進されます。

では、なぜ、この男性ホルモンがハゲと関係するかといえば、実は、その原因は正確には判っていません。

例えば、男性ホルモンの分泌が多ければ、必ず禿げてしまうのか?といえば、必ずしもそうだとは、言い切れないのは、すべての男性がハゲているわけでもないことからもわかります。

けれども、AGAには、男性ホルモンが関係していることは、医学的には、ほぼ確実とみなされているのです。

[PR]神奈川県立がんセンターの薬剤師の求人を探そう!


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2009-2014 発毛方法と対策@情報館 | 発毛マッサージなど All Rights Reserved.